源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書の書き方 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書とは

源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書の書き方

源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書の提出期限:納期の特例の承認申請については特に定められていないが、(原則として、提出した日の翌月に支払う給与等から適用されます。)納期限の特例の届出については、特例制度の適用を受けようとする年(特例の対象となる7月から12月までの給与を支払った年)の12月20日までに提出する必要。)

源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書とは?

源泉所得税は、原則として徴収した日の翌月10日が納期限となっているが、この申請は、給与の支給人員が常時10人未満である源泉徴収義務者が、給与や退職手当、税理士等の報酬・料金について源泉徴収をした所得税について、下記のように年2回にまとめて納付できるという特例制度を受けるために行う手続き。

1月から6月までに支払った所得から源泉徴収をした所得税 7月10日。7月から12月までに支払った所得から源泉徴収をした所得税額 翌年1月10日。

あらかじめ最寄りの税務署か国税庁のHP、もしくは当ページ右記からもダウンロードできます。

源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書を提出するデメリット

特に罰則はないが、給与を支払うべき従業員が一人でも、会社は、毎月支払うべき給与から「所得税」を徴収して、徴収月の翌月10日までに納付することが義務づけられているので早めの提出を。

源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書の提出先

本店登記所轄税務署

税務署の検索はこちら

今から源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書を作成される方へ

その書類作成チョット待った!今から源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書を作成される方へ実は、こんなお悩み抱えていませんか?

源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書が正確に書けるか不安… 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書の他にも届出書類があるかと思うと少し憂鬱… 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書を無料で頼めるなら専門家にお願いしたい 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書の後の流れが不安… 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書を書く時間がもったいない

こんなお悩み解決します!完全無料「まるごと作成サービス」にお任せください!

 

会社設立後の届出書類「まるごと作成」サービスとは?

会社設立後の税務署に提出する届出書類をあなたの代わりに無料紹介した税理士が一手に請け負う完全無料創業社長応援サービスです!

会社設立後の届出書類「まるごと作成」サービスは創業当初の社長の味方です。まるごと作成サービス自慢の「3大サポート」会社設立後の面倒な書類提出を一手に請け負います! ご紹介する税理士は厳しい審査を通過したプロ中のプロ! そして全てのサポートを完全無料でご提供!

もちろん窓口のスタッフも親切、丁寧に対応いたします!年間約2,000社の新設企業へのサービス提供実績をもとに、創業時の悩ましい「疑問」や忙しい「手間」を解消します!年中無休・全国対応!お問い合わせ、お申込みはこちら:0120-955-761

▲PAGE TOP

会社設立前の方に

株式会社設立ひとりでできるもん画面

株式会社設立ひとりでできるもん

専門家よりも早く安く会社設立!

会社を設立直後のあなたには、このサイトが絶対お薦めです。会社を設立にあたり必要な専門的な書類作成が、システムに従って作成するだけで簡単に作成できます。

じっくりと腰を据えて税理士を探される方に

T-SHIEN画面

T-SHIEN

日本最大級の税理士総合サイト

地図で、業務内容で、担当者で口コミで、自社を求める税理士を探すなどあらゆる情報をもとにあなたにマッチした税理士を必ずみつけることができます。

twitter